将来の自分のために考えること 認知症にならないために気をつけることまとめ

おしゃべりで脳を刺激

介護の仕事では、高齢者と仕事上接することが多いです。高齢者に介護を行う際には、積極的に話しかける心掛けが欠かせません。
介護スタッフが要介護者である高齢者に頻繁に話しかけることで、認知症予防に効果があります。
認知機能の低下を防ぐためには、脳に対する刺激が有効的です。
人と話す機会が少ない独居の高齢者は認知機能が低下する傾向が強いです。そのため、介護業務中には頻繁に高齢者に話しかけた方が認知症の予防には望ましいです。しかし介護スタッフの中には、高齢者と一体何を話せばいいのかが分からないという悩みを抱えている人も多く見受けられます。高齢者と何を話そうかと難しく考える必要はありません。些細な内容でも、会話のキャッチボールで話を広げることは可能なので、脳に刺激を与えて高齢者の認知症予防に高い効果があります。例えば、会話のきっかけを作るためのテクニックとしてよくあるのは、天気やニュースなど年齢に関わらず共通性の高いテーマを活用する方法があります。その他にも、高齢者が興味のある流行などについて事前にリサーチし、会話のきっかけを掴めるよう準備しておけば、介護の仕事で高齢者との会話で困ることはないでしょう。
介護の仕事を始めたばかりの頃は、話題作りに多少苦労することがあるでしょう。しかし、介護の仕事に慣れてくると、高齢者と話すきっかけもつかみやすくなってくるので、話のネタに困ることは少なくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です